FC2ブログ

スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の宝永山

 27,2014 20:14

x-t1 XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

あっという間に曇ってしまった。。
残念無念('A`)
まぁ、天気なんてコロコロ変わるので期待して頑張ろう~!!←ボジティブ


御殿場口より宝永山を目指します。
ココから上るのはハジメテだ。
とても開放的な光景が広がっている、そして、長い道のりがまっすぐ、ずっと、続いている。
精神的にきますな、これは。



駐車場は、まだ道路が開通していないので、トンネル手前のスペース(4~5台置けるかな?)に停めます。




雲の中に突入、振り返ると街がうっすら見える。

雪が残っているので、軽アイゼンを持ってきた。
この日の雪質は、ほどよく締まったシャーベット雪だ。
歩きやすく快適だけど、登りの斜面を歩くとたまに「ズズズゥッ」っと、滑ってしまう。
これだと体力消耗につながるので、軽アイゼンは持ってきて正解だった。

雲の中なので、雨・あられが振ってきたりもする。
風を浴びると冷たいが、止むと汗が止まらなくなるぐらいモアァ~とする。
防寒を脱いだり着たりと忙しいのだ。




ガスの中でのあるき、視界は5~10mほど

雪の上でのこのような場面は、どうしても不安になる。
まぁ今回は他の登山者の足跡がいくつか残っていたので、そのトレースを利用させてもらおう。
GPSがあれば間違いないけどね。
電池切れで車においてきました('A`)


視界が開けた!尾根が見えた!!



いままでたどってきた足跡がどうやら富士山山頂を狙っているっぽいので、途中からルートを宝永山山頂に向けて変更。
素直に夏道をたどっていると遠回りになるのでね。


想像以上に体がぼろぼろだ。
荷物を少し減らせばよかった。。

はじめは2時間30分程度の登りかなと思いましたが、、、
もう4時間たっているわ!!

しんどい('A`)

曇りでも紫外線がすごいらしく、手の甲の皮が焼けて赤くなってる。
サングラスはもちろん日焼け止めも大事です。まじで。





馬の背から富士山を眺める

雪屁を慎重に登り、ようやく尾根に上がった。
実質もうゴールだよ~


懐かしい景色。

何年たったかな。
忘れたけど。

まだ北海道に住んでいるときに本州の山を知りたくて、車中泊しながら山巡りしてました。
10万円で縛ってたので、約2ヶ月間しか滞在できなかったけど。
富士山にたいしては特別な思いというか、どうしても登りたかった。
でも、天気が悪くて、よく道の駅や5合目で車中泊させられた。

この山は、ただ標高が高い山なんだ。そう思ってたけど、なんか違った。
富士山を登り終わった次の日に、また、この富士山の宝永山に登って、だれもいない山頂で雲を眺めてた。
「本当に来て良かったね」
そんな、ありふれた言葉がなぜか心に響いた。




登り 4時間30分
下り 2時間

関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts - 0

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。